美髪ライフ.com

“美髪の先生”公式|髪にこだわる貴女のためのウェブマガジン

おすすめ商品

【2019年最新版】40代〜50代の女性におすすめの髪がまとまるシャンプー2選

Pocket

都内で“大人のヘアケア専門家”として活動している木村 賢司(キムラ ケンジ)と申します。

 

今日は僕が自信を持っておすすめできるシャンプーをご紹介させていただきます。

 

学生時代からバイト代を削って色んなシャンプーを購入し、実際に使ってみては研究し、

 

現在に至ってもその研究は続いているのですが、

 

たった2つだけですが、自信を持っておすすめできるシャンプーに出会いました。

 

この記事はこんな方におすすめ

  • いつまでも綺麗でいるために、髪には良いモノを使いたい
  • 自分に合う本当に良いシャンプーを探している
  • 美容室で勧められたシャンプーに満足できなかった
  • 違いを感じられるシャンプーに出会ったことがない

 

シャンプーやトリートメントは髪の内部に作用しない!?

 

まず、前提として知っておいていただきたいこと。それは…

 

木村
木村
シャンプーだけで根本的に髪の状態を変えることはできません。

 

ということ。

 

シャンプーはパーマやカラーのような薬剤ではありませんので髪の内部に作用することはなく、髪に対する影響は比較的弱いものになります。

 

そしてもう一つ大切なことがあります。

 

「本当に優れた商品には即効性が欠ける」ということ。

 

つまるところ、「使い続けてこそ効果を実感できる」ということですね。

 

 

シャンプーとトリートメントの役割、ブレていませんか?

 

「髪が綺麗になるシャンプー」

 

「くせ毛がおさまるシャンプー」

 

そんなものは存在しません。

 

実際にそう感じる商品はありますが、それは髪の本来の状態に導いているわけで、

 

つまるところ、「髪が綺麗になる」とか「くせ毛がおさまる」とか怪しい謳い文句を添えて配合された余分な成分が

 

本来の髪の状態をむしろ悪くさせてしまっているということをご存知でしょうか。

 

シャンプーの役割は「髪に栄養を与えること」でも「しっとりさせること」でもありません。

 

シャンプーの役割は 紛れもなく「髪を洗うこと」です。

 

シャンプーメーカーは「いかに低刺激に髪を洗えるか」というところを突き詰めるようになり、

 

次第にマーケティングとして「しっとり洗う」だの「髪に栄養を与える」だのと謳うようになりました。

 

ですが、残念ながら髪に直接的に栄養を与えることはできません。

 

たった一つの確実に髪に栄養を与える方法は「栄養バランスの取れた食事を摂り、しっかりと睡眠時間を確保すること」です。

 

シンプルですよね(笑)

 

ですが、これは髪だけでなく、肌も、身体も同じ、人間の鉄則です。

 

トリートメントの役割は肌でいう美容液ではありません。

 

トリートメントの役割は髪をコーティングして表面をなめらかにし、あたかも傷んでいないかのように綺麗に見せること。

 

決して「髪に栄養を与えて内部から補修」なんてことではありません。というか、そんな方法はいまだ見つかっておりません(笑)

 

トリートメントの役割はあくまでも美容液ではなく髪のファンデーションです。

 

カバー力が高かったり、低かったり、刺激性が低かったり、

 

様々な特徴を持った製品があり、それぞれに良さや相性がありますよね。

 

肌質に合わせてファンデーションやクレンジング、乳液などの化粧品を選ぶのと同じく、

 

髪質に合わせてシャンプーやトリートメント、ヘアオイルを選んだ方が「自分にとって良い商品」に出会えるということはお分りいただけましたでしょうか。

 

 

良いシャンプーの基準はココ!

 

本当に良いと思えるシャンプーってなかなか出会えませんよね。

 

そんなシャンプーの良し悪しについて、僕がチェックするポイントは2つあります。

 

注意ポイント

配合成分がいかにシンプルか

謳い文句が怪しくないか

 

①配合成分がいかにシンプルか、いかに特殊か

 

基本的には成分表を見て判断するのでここはプロでなければ判断が難しい部分でもあります。

 

成分表にある最初の10個の成分を見れば大体の狙いはわかります。

 

「このシャンプーは低刺激な洗浄成分がメインだからそこを売りにしたいんだな。でも刺激の強い成分がその後に入っているから結局効果は感じづらいだろうな。」とかって。

 

なんだか僕が腹黒くも思えますね(笑)

 

「髪の内部まで浸透、補修」だなんて、魅力的な言葉を目にしても、成分表がありきたりな時点でありきたりなシャンプートリートメントであることは言うまでもありません。

 

逆を言うと、成分表が普段目にしないような特殊な配列(成分表に書かれている内容成分の順番は配合量が多い順です!)だったり、

 

普段目にしないような成分が多く配合されていると期待してしまいます。

 

ですが、「なんでも良いと言われている成分を入れたら吉!」なんてことはありません。

 

結局どっちつかずの中途半端なものになってしまいがち。

 

ですので内容成分はいかにシンプルに、いかに特殊なのかがわかりやすい判断基準の1つとなります。

 

 

②謳い文句が怪しくないか

 

木村
木村
「内部まで補修」「くせがおさまる」「傷んだ髪を修復」こんな言葉が書いてあれば、僕の中では絶対的にNGです

 

まず、シャンプートリートメントにそこまでの力はありませんし、持たせられません。

 

万が一そんな力があるとしたら、素手で触るのはキケンです。

 

美容師さんだってカラーやパーマをするときはゴム手袋をつけているんですよ。

 

なんでかと言うと、髪の内部まで浸透する薬だから。

 

実は髪も肌も同じくタンパク質からできています。特に髪と爪はタンパク質の種類まで同じ。(美容師さんの爪が黒く染まっていることが多いのはこのため)

 

パーマ剤やカラー剤が髪の硬いタンパク質に浸透して影響を及ぼすということは、当然肌の柔らかいタンパク質にも浸透します。

 

これが刺激となって手荒れになる美容師さんも多いほどです。

 

少し話が逸れましたが、それほど髪に直接的に影響を与えるには「力」が必要になるということ。

 

シャンプーやトリートメントで髪の傷みは治せませんし、くせ毛が直毛に近づくこともありません。

 

では、いよいよ本題に入りましょう。

 

僕が自信を持っておすすめできるシャンプーを2つご紹介します。

 

 

 

おすすめシャンプー①   コスパ抜群!「オフ」することに特化したシャンプートリートメント DO-S

 

 

1つ目のおすすめできる商品は 場末のパーマ屋オリジナル DO-S シャンプートリートメント

 

 

この商品はとにかく徹底的にシンプルで無駄がないのが特徴。

 

おかげで見た目も無機質で決してオシャレとは言えません…(笑)

 

ですが、その使い心地は確かなもの。

 

「オフ」することに特化しており、市販のシャンプーやトリートメントのコーティング成分でギトギトに包まれている状態から解放してくれます。

 

髪がギトギトにコーティングされ続けると、髪が閉じ込められることにより、髪の水分バランスに乱れが生じ、

 

髪の内部に水分が集まり、表面になるにつれてパサパサになり、「ベタつくのにバサバサ広がる」という事態を招くのです。

 

 

DO-Sの特徴① すっぴん髪を取り戻し、自然な美しさを引き出す

 

毎晩メイクをクレンジングでオフするのと同様に、トリートメントによるコーティングをしっかり落としてくれるシャンプー。

 

そしてしっとり軽やかな質感に仕上がるトリートメント。

 

毎日髪の状態をリセットしてくれるので、「最初はよかったけど、つかい続けると髪に成分が残留して違いがわからなくなってきた」なんてことにもなりづらいのです。

 

そしてベタつかず、軽やかなのに自然にしっとりする。

 

毎日確実に髪を良い状態に持ってきてくれる優れたシャンプートリートメントです。

 

 

 

DO-Sの特徴② カラーやパーマ、縮毛矯正をするなら相性はピッタリです

 

DO-Sシャンプーの1番の良さといっても過言ではないのが

 

カラーやパーマなど、美容室で使われる薬剤を洗い過ぎない限界のチカラで除去してくれるということ。

 

は美容室でカラーやパーマなどの薬剤を使用するメニューを施術した後は、髪の中に余分な薬剤が必ず残留してしまうんです。

 

美容師さんによっては残留する薬剤を除去する薬を髪につけてくれたりもするのですが、そこまでやってくれる美容師さんはまだまだ少ないのが現実。

 

髪に薬剤が残留するとどうなるかというと、本来弱酸性である髪がアルカリ性に傾くことにより、

 

髪が水を吸って膨らみやすくなり、キューティクルが開き、傷みやすい状態になってしまうのです。

 

美容室帰りは髪がサラサラなのに数週間経つとバサバサに傷んだように感じたことはありませんか?

 

その原因は髪に残留した余分な薬剤によるしわざです。

 

DO-Sシャンプーはそんなキケンたっぷりの残留薬剤を徐々に除去してくれるので、

 

カラーやパーマ、縮毛矯正などをされている方にはもってこいなシャンプートリートメントなのです。

 

 

 

 

おすすめシャンプー② 全てにおいて最高峰!Flowers(フラワーズ)

 

 

表参道にあるヘアケア・くせ毛専門特化美容室 Lily(リリィ)が開発した最高級シャンプー『Flowers(フラワーズ)』

 

木村
木村
間違いなくオススメできるシャンプーNo.1です!

 

実はLilyは僕が所属する美容室でもあり、僕も実際に開発に携わった至高のシャンプートリートメントです。

 

木村
木村
このシャンプー使ったらクセも落ち着くし、使い続ければ髪も増えますよ

 

とは言えないのですが、実際にお客様の悩みのタネだったクセが落ち着いたり、

 

髪が少ないとお悩みだったお客様の髪が明らかに増えてきたり。

 

実際にそうはなっているのですが、有効成分なんて何も入っていません。(笑)

 

つまり、今まで「余分なものをつけすぎ」ていたということです。

 

ベタベタに被膜されたコーティング剤を落とすだけで髪は綺麗になります。というか、本来の綺麗な姿に戻ります。

 

頭皮の皮脂を落としすぎては抜け毛の原因にもなります。

 

つまり、Flowersはこの問題を解消することにより、

 

髪を増やしたりクセを落ち着かせていたのではなく、余分な抜け毛を抑えたり本来のクセの状態に導いてくれていたのでしょう。

 

もちろん個人差はありますが。

 

中身はホホバオイルをふんだんに使用し、化粧箱に入って販売されている上、ガラスボトルで製造されているという全てにこだわり抜いた究極の「ホームケア」と言えます。

 

先ほどご紹介したDO-Sシャンプートリートメントの性能を兼ね備え、性能も外見も極限までグレードアップしたのがFlowers(フラワーズ)となります。

 

なんだか商品の本数が多いような…どう使えばいいんだろう。
私

 

木村
木村
左からシャンプー・トリートメント・ヘアオイル。右の5つある小さなものは「パフュームブーケ」といい、シャンプーの香りを変えられるんですよ。

 

 

Flowersの特徴① 【特許取得済】シャンプーの70%が水とホホバオイル。より低刺激に汚れだけを落とす

 

木村
木村
ここまで皮脂に最も近いと言われる高級なホホバオイルが高配合されているシャンプーは僕も見たことがありません…。

ここまでオイル成分が多いと刺激成分でもある「界面活性剤」という水と油の接着剤で混ぜることにより、とろとろの状態を保てるのですが、

 

Flowersでは極限まで刺激を抑えるために特許を取得した技術で界面活性剤を使わずにホホバオイルを混ぜることに成功しました。

 

ホホバオイルが高配合だからこそ、

 

DO-Sのように全てを洗い落とすのではなく、余分な汚れをしっかり落としながらも低刺激でかつ、高品質に。

 

 

Flowersの特徴② 安心できる防腐剤フリー

 

木村
木村
防腐剤なんて入れちゃダメ!

なんてことはないのですが、

 

防腐剤は「腐る原因となる【菌】を殺すもの」ですので、

 

大切な肌を守ってくれている「常在菌」までもが殺されてしまい、

 

まさに、ゴールキーパー(常在菌)のいないPK(ばい菌)戦となってしまうのです。

 

でも防腐剤が入ってないと詰替用で使い続けていくうちにばい菌が増えちゃうんじゃ…!?
私

 

木村
木村
ガラスボトルでできておりますのでアルコール消毒・煮沸消毒が可能なんですよ♪

 

 

Flowersの特徴③ 無香性なので“髪の香水”「パフュームブーケ」で使うたびに香りを変えられる

 

 

シャンプー・トリートメント・ヘアオイルの全てが無香性でできており、香料が入っていないため、香料が苦手な方でもお使いいただけるのですが、

 

「香りも楽しみたい!」という方のために現在8種類販売されているPerfume Bouquet(パフュームブーケ)をご用意しております。

 

香りのバリエーションが豊富でどれも上品な香りですので「香水がいらなくなる!」とご好評をいただいております。

 

木村
木村
僕のおすすめはNo.1とNo.2!フルーティ派であれば前者を、爽やか派であれば後者をおすすめします

使い方は簡単。Flowersシャンプーに1〜2プッシュお好みのパフュームブーケを混ぜて、後はいつも通りにシャンプーするだけ♪

 

トリートメントに混ぜると香りが残りやすいので1プッシュ、もしくは1〜2滴垂らす程度での使用がおすすめです。

 

サラっと風になびく綺麗な髪からふんわりと香る素敵な香り。おすすめです。

 

 

DO-SとFlowersはどちらがおすすめ?

 

 

ううう…。どっちも良さそうで悩む〜。結局どちらがオススメなのでしょうか?
私

 

木村
木村
DO-SかFlowersだと間違いなくFlowersをおすすめします。

 

値段も3倍近く変わってきますので、予算にもよりますが。

 

僕の認識ではFlowersはDO-Sの素晴らしい性能を兼ね備えた上にさらなる進化を遂げたシャンプーです。

 

 

\Flowers公式ストアはこちらから/

Flowers公式ストア

 

“美髪の先生”に予約・相談する

LINEでのやりとりやブログを見てご来店されることにためらいのある方が多いようですが、僕のお客様は、「ブログを読んでいらしたお客様」「ご紹介でいらしたお客様」のみとなっておりますのでどうぞご安心ください。

不安なことやご質問などがございましたら、ご来店の前にLINEやメールでお伝えいただければ全てお答えいたしますのでお気軽に♪ご連絡お待ちしております^^

 

 

“美髪の先生”が認めた至高のシャンプートリートメント

“美髪の先生”愛用!高級ヘアケアブランド『Flowers(フラワーズ)』

美に投資するセレブはもちろんのこと、「スキンケアやボディメイクだけでなく髪も綺麗でありたい!」という女性から圧倒的支持を受け続ける至高のホームケア。

皮脂に最も近いとされる天然由来の貴重なゴールデンホホバオイルをふんだんに使用した贅を極めるシャンプー。その使用感は言うまでもない。

Flowersと市販製品の違いを見たい方は下のボタンをタップ

Flowersと市販のシャンプーを比較してみた

 

 

  • この記事を書いた人

“大人のヘアケア専門家” 木村 賢司

ヘアケア専門特化サロンやセミナー、幾多の専門的文献から得た知識と経験を活かし、独自の【引き算のヘアケア】を提唱し、「本当に髪が綺麗になる」と多くの反響を呼び、数多くの大人の女性を髪の悩みから救ってきた。 活動は多岐にわたり美容師としての活動は週2日と限定されている。

おすすめ記事一覧

1

都内で大人のヘアケア専門家として活動しております木村 賢司(キムラ ケンジ)と申します。   以前マツコ会議という番組にて紹介されて「髪が綺麗になる!」と一躍話題となった“髪質改善”ですが、 ...

2

東京都内で大人のヘアケア専門家として活動しております木村 賢司(キムラ ケンジ)と申します。   歳を重ねるごとに増えていく白髪。おおよその原因は解明されているのですが、諸説あり、根本的に白 ...

-おすすめ商品

Copyright© 美髪ライフ.com , 2020 All Rights Reserved.